赤ちゃん&Mamma、
そして地球へ
愛のままに。

70年の歴史をもつ
医療機関向け製薬会社

Made for Baby and All with lots of love.

MammaBabyは、1944年から産婦人科などの医療機関へオーガニック&ヴィーガン製品を届けてきた製薬会社です。創業者の娘が重度のアトピーを持って産まれてきたことがきっかけで、医療機関向けに研究してきた良質なオーガニック製品をすべての子どもたちに届けたいという想いが生まれ、ブランドがはじまりました。

オーガニック&ヴィーガンを
みんなの毎日へ。

認証をカットすることで手に取りやすく 

Organic and Vegan for All.

長く医療機関向けにものづくりをしてきた私たちにとって、オーガニックやヴィーガンであることは特別なことではありません。ひとつのマークにこだわるより、コストがかかる認証をカットすることで、可能な限り手に取りやすいプライスで届けたい。MammaBabyが大切にしている想いです。

有機農法にこだわる
もう1つの理由。

私たちのモノの選び方が未来を変える

What we choose make our future.

MammaBabyは、オーガニックがすべての人への絶対的正義だとは考えていません。人によってはどうしても肌に合わない人もいることを知っています。ただし地球の視点に立った時、ケミカル物質は地球が代謝する力を持っておらず、生態系を保ちながら有機で栽培したものと比較して、事実、ネガティブだと考えています。そして、地球全体の水質に対する悪影響も考えると、MammaBabyとしては、人だけでなく子どもたちが生きる地球にもやさしい有機農法を可能な限りサポートしたいと考えています。私たちブランドは、何を作り、何を届けるか?お客さまは、何を買い、何を使うのか?一人ひとりがモノの選び方を変えれば、きっとポジティブな未来が待っていると信じています。


キャラクターたちとの毎日で育む、
「Fair&Inclusion」の豊かな感性

MammaBabyのプロダクトには、手書きのモチーフそれぞれに名前がつけられています。これは創業者である Maria Elena Olcelli(マリア エレナオルチェッリ)が、自身の子どもたちを寝かしつけるときに語ったベッドサイドストーリーに出てくるキャラクターたちの名前です。
そしてそのキャラクターたちは、私たちとこの地球で共に生きる、植物や動物やお魚、物や自然といった仲間たちがモチーフになっています。

地球は、たった1つしかない青い風船のようなもので、割れると消えてなくなってしまいます。子どもたちが生きる地球の未来にとって大切なことを、人間視点だけではなく植物や動物、自然、地球の気持ちになって共に考え、本来の豊かさを模索できる。年齢、人種、性別を問わず、常に誰とでも対等に敬意をもって向き合う。

子どもたちに、MammaBabyとの日常を通じて、そんな感性を育んでもらいたい。
次はあなたが、子どもたちとの新しい物語を紡いでください。

See you all, millions smile.

SMILE